冠婚葬祭に着けるネックレスのマナー

冠婚葬祭 ネックレス

冠婚葬祭 ネックレスについて

冠婚葬祭に着けるネックレスのマナー

冠婚葬祭に着けていくネックレスには、いくつかのマナーが存在します。
まずは悲しみの席でのマナーですが、基本的に装身具は着けないことが礼儀です。
迷ったら、何も着けないほうがベターでしょう。
もし着けるとしたら素材は、真珠・黒オニキス・ジェットなどで、金具の部分は必ずシルバーのもの・1連のものにしておきましょう。
最近は喪の席では黒真珠、お祝いの席では白真珠…などという文句も謳われていますが、お葬式に白い真珠をしても別段構いません。
それよりも、玉の大きいものをこれ見よがしに着ける姿のほうが良くありません。
何事も控えめに振る舞いましょう。
なお、結婚指輪はしていてもOKです。
次にお祝いの席ですが、こちらはうんと派手でも構いません。
逆に何一つ宝石類を身に着けない方が失礼だと考える考え方もあります。
ただし、主役の女性より目立つことと、イメージがかぶることだけはNGです。
あらかじめ、どんなアクセサリーを着けるのかを聞いた上で選ぶと良いでしょう。