冠婚葬祭でのネクタイのマナー

冠婚葬祭 ネクタイ

冠婚葬祭 ネクタイについて

冠婚葬祭でのネクタイのマナー

突然やってくる冠婚葬祭、慌てずに対応できるように小物についても知識を持っていたいものです。
今回は、冠婚葬祭の中でも結婚式・披露宴でのネクタイについて簡単に紹介します。
まずは基本ですが、黒色は喪服を連想させるため、縁起の悪い色とされNGです。
昔からの慣例に従えば、白が無難で失敗しないでしょう。
しかし近頃は白色は年配の方がつけるもの、というイメージがあることからカラータイも増えてきました。
スーツショップでも慶事用コーナーにはカラータイが豊富に揃っています。
シルバーやライトグレーなど、白に近く光沢感・高級感のある色が人気があり、華やかな薄ピンクも結婚式では評判がいいと言われています。
次にネクタイの柄。
ストライプやドットなど、定番の柄は問題ありません。
NGなものは、ヒョウ柄やゼブラ柄などのアニマル柄です。
アニマル柄は「殺生」連想させるため縁起が悪いと言われています。
カジュアルすぎるチェックや、奇抜だと捉えられるポップな柄は避けるのが無難でしょう。
ネクタイに関しては、他にも形(ボウタイ・アスコットタイ)や結び方・タイリング・タイピンなどおしゃれを楽しめるポイントがいくつもあります。
しかし、結婚式の主役は新郎・新婦です。
知人・友人として、恥をかかせないように、マナーを守りながら気持ちよく当日を楽しみましょう。

none

冠婚葬祭 ネクタイ関連情報

冠婚葬祭に着けるネックレスのマナー

冠婚葬祭に着けていくネックレスには、いくつかのマナーが存在します。
まずは悲しみの席でのマナー

すぐに目につくから気を付ける

 結婚式や葬式ではマナーがあり服装にも適用されます。
例えば結婚式では白は花嫁の色なので避ける

冠婚葬祭で身に付けるアクセサリーについて

冠婚葬祭で使用するネックレスやピアスなどのアクセサリーは、品があり落ち着いたデザインのものを身に付け

最新の冠婚葬祭 ネクタイ